在校生紹介

在校生

四方 和貴(優秀A級)

幼い頃から偏頭痛があり、その影響と共に姿勢が変わった事で身体に苦痛を感じていたとき、カイロプラクティックの施術を受けました。当たり前だった今までの苦痛が軽くなり、色んな事に意欲が沸き、もっとチャレンジしたいという気持ちになりました。私と同じ様な悩みや苦しんでいる人にカイロプラクティックを知ってもらって、カイロプラクティックの素晴らしさをもっともっと多くの方に知ってもらいたい一心と本当に楽しくカイロプラクティックをしている先生方の様に私もなりたいと思い、カイロプラクターを目指しました。

基本1ヶ月に1回勉強会があり、そこで身体についての講義や技術の勉強をしています。私の中では勉強という表現ではなく、楽しみの一つです。私と同じ様な気持ちや志を持った人たちに会えるので、楽しくて楽しくて、その中で沢山のパワーをもらい、もう一度気合いを入れ直す、そんな感じで楽しんでいます。沢山の仲間がいる事が確認できて嬉しくなっています。勉強って聞くとちょっと・・・なんて思っている人もいるかと思いますが、とにかく楽しくて幸せな勉強だと感じています。

四方先生の施術院

岐阜北支部

古野 瑞穂(上級)

仕事を続けながら勉強ができるシステムなので、平日は今までどおり仕事や家事をし、土曜日にカイロプラクティックの勉強をしています。習った技術を家で家族に行うため、家族の肩こりや腰痛も良くなり、勉強に出かけることを家族にも喜ばれています。

最上 和子(上級)

寝たきり目前の私は最後の望みにカイロの門をたたきました。

膝関節、腰痛が6か月で良くなり将来に希望が出てきました。痛みに悩んでいる患者さんに少しでも楽になってもらいたく、

頑張っています。60歳を過ぎていますが80歳を過ぎても現役で頑張りたいです。

 

最上先生の施術院

カイロビューティーサロン ローズ

山田 真弓(中級)

カイロで自分も家族も健康になりました。美容カイロも始めて、自宅のサロン部屋でも施術しています。

「ありがとう」と言ってもらえる仕事を見つけられたことに感謝です。体の内側からの健康美を目指しています。

 

山田先生の施術院

カイロサロン桜花(さくら)

岡部 舞子(中級)

私がカイロと出会ったのは、姉が先輩先生の施術院に通っていたことがきっかけでした。

学生時代から続く体調不良で、毎日毎食、3~6種類の薬を飲んでいました。自分なりに体質改善を試みたり、漢方の専門クリニック

に行ってみたりしましたが、どうにも体は良くならず、原因もわかりませんでした。

カイロプラクティックと出会って、自分の姿勢や骨格の歪みが原因と知れたのは、目からウロコの発見でした!

そして、自分でも技術を学べる事、その技術で誰かの体をケアしてあげられることは、とても魅力でした。はじめは自分のケアの

ために学び始めましたが、今では、施術院に来て下さる患者様が笑顔で帰られることにとても充実感を覚えています。これからも

全力で、健康や美しさのお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

岡部先生の施術院

個人活動紹介ページはこちら

村井 理恵子(中級)

学生の時から肩こりに悩まされ、他にも体の不調がたくさんあり、自分の体を何とかしなくては!と見つけたのがカイロとの出会いです。施術を受けるうちに、自分でもやってみたい!私と同じ悩みをもった人を楽にしてあげたい!と思いカイロを学びました。

まだまだ勉強中ですが、お客様に「ありがとう」「楽になったよ」と喜んでもらえる事が何よりもうれしいです。

もっとたくさんの人に伝えたいと思ってます!

村井先生の施術院

個人活動紹介ページはこちら

松平 締子(初級)

家族の辛さや痛みを軽減できるなら自分の手でと思い参加したのがきっかけでしたが、今は家族以外の方たちの力にもなれたらとの

思いでいっぱいです。

笠江 亜希(初級)

産後の骨盤ケアでカイロプラクティックの施術院に患者として行ったのがきっかけでした。今の仕事をいつまで続けられるのだろう

という不安が常に頭にあったので「カイロプラクターになってみたら?」と言われ、家族も健康になり身体の事を勉強できてそれを

仕事として出来るなんて素晴らしい!と魅力を感じました。まだ子供が小さいのですが、これから成長していく我が子の身体は私が

健康に育てたいと強く感じる様になりました。始めてみると、知らない事がいっぱいで、もっと知りたいとどんどん思えてきて、

日々勉強するのが楽しいです。家族にやってあげることでコミュニケーションも取れるので私には最高の仕事と出会えたことに

感謝しています。子育てママとしては自分のペースで働けるのも嬉しいですね。今は家族が中心ですが、これからは色々な人を

健康に元気にさせてあげてあげたいですし、20年後30年後もずっと続けていきたいです。

仲地 義浩、仲地 美音子(ご夫婦)

私は、変形性膝関節と診断され、病院の鎮痛剤を使用していましたがなかなか症状が改善せず、しゃがむ事が困難で仕事に支障をきたしていました。痩せて症状が改善したらいいなと思い、カイロプラクティック体験を受けました。骨盤ダイエットは世間に知られている事なので・・と思っていたところ、施術を受け膝の痛みが取れて正座が出来るようになったのです。私はカイロプラクティックのすばらしさにとても感銘を受けました。医療従事者ですが、骨盤・脊椎の歪みが全身変化を及ぼす事を初めて知りました。私の知った事を諸症状で悩む方々に教えてあげたい。私も技術を身につけることにより、より多くの方に健康になってもらいたい。そんな気持ちからまず主人に勧め、体験後、初級セミナー受講、主人もカイロプラクティックのすばらしさを知り、自宅でも互いに施術する事でカイロ技術を深める事が出来ています。さらにカイロプラクティックの良き理解者という事で、共に活動しています。

仲地先生の施術院

Ka Ra Daセラピー 長久手店

玉城 秀樹、玉城 さつき(ご夫婦)

私の妹が実行委員をしているスクール情報誌えら部フェスティバルへ何気なく遊びに行ったとき、たまたま2人分空いていた

カイロブースに参加。そこで初めてカイロプラクティック出会いました。

施術体験を数分受けただけで腰痛の痛みが和らぎ、驚きと興味を持ち始めていきました。これまでは、広告代理店の営業17年間、看板・印刷などの営業10年間を務めておりましたが、将来に不安を持ち始めていたところ、「二人でできる生涯の仕事」はないか?

といつも考えていた時期でしたので、これだ!と思い、資格取得。

それから、半年後におばあちゃんの住んでいたお家をリフォームして、施術院「H&Sカイロプラクティック院」をオープン!

まだ、沖縄で1店舗目です。これから多くのカイロプラクターの仲間を増やしてたくさんの患者様を診て、笑いの絶えない

明るい施術院を目指していきます。

玉城先生の施術院

H&Sカイロプラクティック院

奥野 五月、奥野 裕美(親子ペア)

私は自分と家族を助けるためにカイロプラクターになりました。

今では転職だと思っています。

娘もカイロの勉強をしてくれたおかげでお互いの身体のケアもできて良かったです。

カイロは健康の維持、ケアを伝えるお仕事です。

私と一緒にあなたの健康とキレイを守りましょう!